So-net無料ブログ作成

2018-12-29

11月11日(日)図形学習指導勉強会の第37講を開催しました。

「算数って子供達にどう教えたらいいの?」
算数と数学の違い、幼児・小学生にとって、
数学の前に算数の概念の形成が大切。
このお話をさせていただきました。


P1080011.JPG


おいしいおいしいお土産をありがとうございます。
お心遣い、おいしく頂戴いたしました。


P1080013.JPG


色板から空間図形への接続について
すっかり忘れていた点を思い出すことができました。
一度マスターしたつもりになっていることでも
毎回毎回発見があります。

ごんぼっち 先生


P1080005.JPG


今回は、色板と積木の両方を試行錯誤しながら
考えました。いつもと同じように悩み悩み解いていましたが、
そのことで頭がさえてきました。
後半の「試行錯誤こそ、算数の力を伸ばすポイント」で
あることを教わった時、なるほどと思いました。
線分図を書くことの重要性もよくわかりました。
今回もいろいろ気付きを頂きました。 ありがとうございました。

K.J 先生


P1080006.JPG


プリント教材だけではなく、いかに具体物を使って
さんすうの土台を築くか... 経験、実体験を通して、能力を育成させて
いきたいと、あらためて思いました。
そして読み聞かせは肉声で☆

西村 宏美 先生


P1080007.JPG


「文章題らくらく〇描き解法・図で考える」
子供達にわかりやすく指導したいと
思っていた課題でしたので、とても参考に
なりました。御指導ありがとうございました。

シーちゃん 先生


P1080008.JPG


ふだん生徒に「勉強しろ」と言っておいて、先生が勉強不足
なんですが、こういう先生の勉強の場を設けて下さりありがとう
ございました。線分図を「ただ書け」というだけでなく
具体的に段階をふんでの描かせ方を学ぶことが
できました。

辻川 公二 先生


P1080012.JPG


12月24日(月)、初級研修コースを開催いたしました。
クリスマスイブ、そして年末の慌ただしい時期にお越しいただき、
ありがとうございます。


P1080066.JPG


本日は初級研修コースを受講し、
一から概念、導入を詳しく学びました。
1~9の数の組み合わせを手を使って
体感することの意義に、とても感銘を受けました。
また具体的な指導のやり方を実地にご指導いただき、
すぐ自分の教室で実践したくなりました。
頭をフル回転した一日となりました。
ありがとうございます。

奥村 武敏 先生


P1080064.JPG


色板と積木の具体的な運用法
を学ぶことができました。繰り返しスパイラルで
2回目、3回目により深い学びとなるよう
声かけ、発問のやり方を教えていただきました。
幼少期に数の概念をしっかり育てることの
大切さを改めて認識しました。小学校低学年
(高学年でも)でつまづいている児童への対応のヒント
にもなりました。ありがとうございました。
上級研修でも、より実践的な学習をしたいと思います。

辻川 公二 先生




共通テーマ:学問

2018-12-29

いつもクリスマスに素敵なプレゼントをありがとうございます。
神戸のチョコ、とてもおいしかったです。
まだまだ私のことを覚えてくださって、感謝してます。
お陰様で、年の瀬を迎えることができます。
きっと、見守ってくださるあなたのお陰かな……
良いお年をお迎えになってね。
心からお祈りしています。本当にありがとう。


P1080067.JPG


茨城から通ってきてくださっている、じんちゃんからのプレゼント。
遠方から来てくださってます。
今は寒いけど、すぐ春が来るから、がんばって来てね。


P1080069.JPG


心温まるメッセージカードありがとう。
一緒にお勉強できて、とても幸せです。
来年もがんばろうね。


P1080073.JPG



共通テーマ:学問

2018-12-29

クリスマスといえば、クリスマスツリーですね!
色鮮やかで心が弾みますね。
クリスマスプレゼントも弾まなくちゃね。


P1080039.JPG


京都駅のクリスマスです。


P1080046.JPG


一度、本物のサンタクロースさんに会いたいな。
フィンランドのサンタクロース村にいってみたいな。


P1080062.JPG





共通テーマ:学問

2018-12-29

今年の秋、東山区の将軍塚に行ってきました。

もうキレイキレイ!
たくさんのプロのカメラマンの方が来ていましたよ。


P1080024.JPG


夕焼けの美しさを撮影するそうです。


P1080025.JPG


ライトアップに照らされて、まるで紅葉が舞っているよう。


P1080026.JPG


来年も、もう一度ゆっくりとここの紅葉を鑑賞してみたい!


P1080043.JPG


高月の紅葉です。
観音様もご覧になっていらっしゃるのでしょうか。
和風静寂的な、素敵な場所です。私の心のふるさとかな?


共通テーマ:学問

2018-12-29

金沢に行ってまいりました。
金沢のハロウィンも、イベントがたけなわですね。
古風な和文化の都市ととてもマッチしています。


P1070929.JPG


P1070930.JPG


今回は、地元金沢の根保先生のところにお邪魔しました。
長時間、お話しを聞いていただき、ありがとうございます。
また、来年お会いできますように。


P1070944.JPG


P1070946.JPG


P1070950.JPG


P1070960.JPG




共通テーマ:学問

2018-10-07

ふと空を見上げると、もう秋空ですね。
ゆりちゃんがくれた、アサガオの花が咲きました。
つぼみから...

P1070834.JPG


P1070835.JPG


P1070836.JPG


P1070837.JPG


朝、教室に来ると、見事に咲いていました!
ただ、水をあげただけなのですが、
すごい生命力ですね。
お日様が燦々と当たっていました。
自然の力ってすごいですね。
春夏秋冬と移り変わっていく自然を目の当たりにすると、
まさに日々、「自然(おのずからしからしむ)」、
「あるがまま」の姿ということだそうです。
自然の有難さにただただ、合掌ですね。

P1070841.JPG

来年の事を言えば鬼が笑いますが、
来年の蓮の花をまた見たいです。

夏の高月です。


P1070842.JPG


セミナー後のお昼ご飯です。
おばんざいがとてもおいしかったです。

P1070847.JPG


P1070848.JPG


中京区の地蔵盆です。

P1070852.JPG


P1070853.JPG

地蔵盆の景品のお菓子。
どの子も自分の欲しいものが当たるといいな。

P1070854.JPG


P1070855.JPG


P1070856.JPG

子供さんがとても大きなお数珠を回しながら
健康でしょうか何かをお祈りしながら、
楽しくお座りしている姿がとてもかわいらしかったです。
日本の未来はまさに、子どもたちにありですね。
今年一番の思い出の一日になりました。

P1070858.JPG


P1070859.JPG




共通テーマ:学問

図形学習指導勉強会第36講

9月23日(日)、図形学習指導勉強会36講を開催しました。
まだまだ残暑が厳しいですが、がんばっていきましょう!


P1070918.JPG


「3行の壁」は、私もよく感じながら授業をしています。
自分で手を動かして〇や△を書きながら解くことをもっと
積極的に声かけていきたいと思いました。
思考力をつけるために、まずは粘り強さを身につけさせていく
べきだとも感じました。
本日もありがとうございました。

O.E 先生


P1070914.JPG


いつも御指導ありがとうございます。
数学と算数の違いをどのように説明したら
よいか考えておりました。
今日、参加させて頂き、区別がよく理解
できました。ありがとうございます。
算数の問題を図に書いて解くという
いい習慣を子供達に身につくように
指導したいと思います。

シーちゃん 先生


P1070913.JPG


文章題の指導が得意になってきたと思っていたのですが、
図や絵を描かせる方法が、まだ不充分だと実感いた
しました。
日々の指導と同じで、どれだけ理解が深まったと
思っていても、毎回毎回新しい発見や気付きが得られる
セミナーです。

ごんぼっち 先生


P1070912.JPG


この度、初めて参加させて頂きました。
ものすごく有意義な時間を過ごしました。
短い時間の中でも数理パズルの思考が
すっと入り、自分の頭の中で弾ける感覚が
ありました。
また文章題を図で書いていく解き方は、
すぐ私の塾で試してみたいです。
あっという間の濃密の濃い時間でした。

奥村 武敏 先生


P1070911.JPG


色板・積み木においても、経験を積み重ねていくことで、
少しずつでもイメージすることが速くなり、
手が速く動くことが、この時間内でも実感することが
できました。
大変ためになりました。ありがとうございました。

K.T 先生


P1070910.JPG


算数の文章題を解くのに、いかに自分でイメージできるか、
図に描けるか、が大事と再認識致しました。
より小さいうち、幼児・低学年期に、量・数・立体のセンスをつけさせる
“算数”の概念指導をしていきたいです。

西村 宏美 先生


P1070909.JPG

P1070919.JPG


第36講を受けさせて頂きました。
色板や積木問題は一つずつ進むにつれて、少しずつ
ステップが上がるように作られており、難しくはなっていきますが、
解けたときの喜びもふくらんでいくように作られているのが、
すばらしいと思いました。
又、文章題も、図を使って解かせ、子どもの好きな動物や題材が
使われていて、親しみやすくよかったです。

ブルースカイ 先生


P1070908.JPG


今日は色板と積木に時間をかけてやりました。
色板はよくやっているので速くできましたが、
積木はあまりやっていないので、とても時間が
かかりました。
しかし、時間のかかった積木の方が、頭を使っている
(賢くなった)気がしました。
何事も、少し苦手なものの方が、頭を使うようです。
子供も同じで、やり方を暗記して、その問題は
解けるけれど、考えないでやっている子は伸びない
ような気がします。
ぜひ、子どもに考えさせる方法を工夫していきたい
と思います。
本日もありがとうございました。

K.J 先生


P1070907.JPG


今の子供は何でも便利になって
試行錯誤することに慣れていないと
感じています。
保護者のお話をきいていると、
「うちの子、塾の宿題でわからない問題はipadのsiriで
聞いてやってます」と
おっしゃる方もいます。びっくりして言葉が出ません…。
“手指と脳を使ってじっくり考える”
アナログ教育の良さを何とか伝えて
行きたいです。

宇留島 泉 先生


P1070906.JPG


今回で2回目の参加です。
前回と合わせて、数と図形の融合が
腑に落ちてきたように思います。
何より私自身が楽しかった!
ありがとうございました。

菅野 伸一 先生


P1070905.JPG


ありがとうございました。
新しい教室にはじめておじゃましました。
数を分解させる声かけの具体例がよくわかりました。
小学生の文章題、特殊算を絵図を描いて解く
大切さを再認識しました。小学生でこれらを経験しているか
いないかは将来大きな差になると思います。
積木や色板を使った授業をまた考えます。
その際はまたよろしくお願いします。

辻川 公二 先生


P1070904.JPG


次回の第37講は、11月11日(日)に開催いたします。
テーマは「算数って、子どもたちにどう教えたらいいの?」
お待ちしております。


P1070920.JPG


共通テーマ:学問

図形学習指導勉強会第35講

7月15日(日)、図形学習指導勉強会35講を開催しました。

祇園祭も暑かったですね。先生方!


P1070829.JPG


P1070804.JPG


お誕生日のお花、ありがとうございます。
今年も私の花が少しずつ咲いてますよ。
皆様のお陰です。ありがとうございます。


P1070808.JPG


数理積木をつかった図形の学習は、手と頭をかなり使いました。
子ども達にとっても、根気が必要で難しいと思いますが、忍耐力や達成感も
味わえる楽しい学習時間になると思いますので、どんどん取り入れていこうと
思いました。
今後もプリント学習だけでなく、具体物をしっかり使っていきたいと思います。
本日もありがとうございました。

O.E 先生


P1070809.JPG


いつもお世話になります。
先日買い物に出かけた際に、孫がお店の方よりも先に
計算をしてびっくりでした。
合成と分解と合成と分解が頭の中でくるくる回っている様でした。
孫の成長!合わせて、先生の授業のすばらしさを痛感致しました。
感謝しております。子供達に少しでも伝えられればと思っております。

宇留島 幸子 先生


P1070810.JPG


・量を理解していないというところにすごく納得しました。
・まずは5の概念から教えられたらと思いました。
・積み木や色板も個人的にとても楽しかったので
 取り入れていきたいです。
・見てわかることだけでなく、想像してわかるように
 なってもらうためにも、量とか質のことは必要だと
 感じました。

Y.M 先生


P1070811.JPG


量が大切ということを色々な角度から
教えていただけました。
また、補数の捉え方は中学生以上の子たちにも
非常に大切だと再認識しました。

中川 重明 先生


P1070812.JPG


“算数以前のさんすう”“順序としての数から数量を表す数”
普段、国語や理科などを指導していても
「そもそもの理解がなされていないのだろう」という私から見た生徒達の実情にあっていて
思わずうなずいてしまうことが多くありました。
裏を返して見れば、そういった根本の原理や原則のことを
指導する側が意識していなくてはいけないと改めて感じました。
貴重なお話をありがとうございました。

岸 智也 先生


P1070813.JPG


中学受験を指導していて、数量の感覚が
育っていない生徒がとても多いです。
手を使って、具体物で数量を身につける。
そのヒントを頂いて、目からウロコが落ちました。
数量を身につける経験の有無が
全てなんだと思いました。
ぜひそんな経験をたくさんさせたいです。
今までで、一番刺激を受けたセミナーです。
ありがとうございました。

池田 慎哉 先生


P1070814.JPG


“学力のベースは低学年までにつくる”
低学年期こそ、時間を味方につけて、
じっくりとベースを作るべきだと思うのですが、
保護者の方はむしろ逆で、なぜそれが必要かを
わかって頂く難しさを日々感じております。

宇留島 泉 先生


P1070815.JPG


今日はありがとうございました。
自分の子育て経験からも、とにかく具体物を使用して
“感”を身につける重要性を感じています。
今後もできればご指導賜りたいです。
数概念の五者関係をしっかり理解して、
子どもに教えていきたいです。

西村 宏美 先生


P1070816.JPG


授業の流れ、ポイント、声のかけ方、営業トークまで
含めて、一通り教えて頂けたので、実際に授業に
取り入れた際のイメージがし易く、大変よかったです。
具体物→抽象化(記号化)、量的感覚の欠如、5進、10進の徹底、
幼児期の学習不足など、どれも強く共感すること
ばかりで、それに対するはっきりとした解決策が
あるので、前回以上に感動しました。
ありがとうございました。

斉藤 紀成 先生


P1070817.JPG


今回は色板と積み木をやりましたが、
色板は以前やったことのある形は速くできる
ような気がしました。丸暗記をしている訳ではない
のでやはり、考える力が伸びたのかなと思います。
私の年齢でも効果があるのだから、小さな子供だと
何十倍も効果があるのでしょうね。
今回やった積木は初めて見る形でしたので、かなり
手こずりました。しかし、必死で考えるので、手こずった
方が、頭の体操になっていると思います。
ありがとうございました。

K.J 先生


P1070818.JPG


数の概念や量をイメージする力は、
低学年だけでなく、
高学年や中高生にもぜひやらせたいと
思いました。
遠回りに見えますが、
ここができていないがために
伸び悩んでいる子は
多数いると思います。

ごんぼっち 先生


P1070819.JPG


小学生を指導していて感じていた疑問。
「数を量としてとらえる感覚」がある子とない子の差はどこからくるのか?
その疑問が今日解消されました。
小学校にあがる前の教育の重要性、痛感しました。

六人部 鉄平 先生


P1070820.JPG


目からウロコの内容が盛りだくさんでした。
自塾に活かしていこうと思います。
まずは教える側の力量を上げていかなければなりませんね。
精進します!

菅野 伸一 先生


P1070824.JPG


懇親会も楽しかったですね!
偶然にも、根保先生のお誕生日も今日。おめでとうございます!
ご縁に心から感謝しております。
ますますお元気で、お過ごしくださいね。
いつもいつもお祈りいたしております。


P1070826.JPG


次回は第36講です。
9月23日(日)開催です。

数学と算数の違い。公式を使って効率的に解答を出す「数学」。
柔軟な思考と発想で答えを出す「算数」。
同じ答えでも、そこに行き着くまでのプロセスがまったく異なります。
幼児・小学生の算数を伸ばせるかは、先生の「算数力」にかかっています。
数学ではなく、算数の先生に求められる教え方とは?
そのノウハウを活かして、塾をいっそう発展させませんか?
お待ちしております。


共通テーマ:学問

2018-07-28

6月17日、京都。たいへん良いお天気です。

久しぶりの京都タワーです。


P1070735.JPG


京都からサンダーバードに乗って、金沢に参ります。
今回のセミナーは、金沢・かほく市宇野気の本楽寺です。
ここで、進学塾を経営されている、進学塾寺子屋本楽寺さんです。


P1070736.JPG


金沢駅構内のモニュメント。キレイでしたよ!


P10707860.JPG


P10707861.JPG


P1070784.JPG


JR宇野気駅前に世界的哲学者・西田幾多郎先生の銅像が立っています。
その銅像の横の石碑には「郷土が生んだ世界的哲学者」と刻まれています。

「かほく市には西田幾多郎記念哲学館があり、
 宇ノ気小学校には西田先生の胸像がありますが、
 宇野気駅前にも西田先生の銅像があるのを見て、
 いかにこの地において西田先生の存在が大きいかをひしひしと感じました。
 西田先生は哲学では初めて世界に認められた人物だろうと思いますが、
 同じ石川県の人間としてやはり誇りに感じます。」と書いてありました。

私は、福岡県人ですが、誇りに思う福岡県人は
「サザエさん」の長谷川町子さん。
今でもサザエさんのマンガが大好き。
同じ女性として、尊敬しています。


P1070785.JPG


その近くにある「玉寿司」。
以前から根保先生から、おいしい、おいしいとお聞きしていました。
今日、賞味できて感激です。


P1070786.JPG


この方は、この仕事をなさって何十年にもなるそうです。
おまけにハンサムな板長さんでした。
また食べさせてくださいね。お味噌汁もおいしかった!


P1070737.JPG


P1070738.JPG


P1070739.JPG


P1070740.JPG


P1070741.JPG


P1070742.JPG


見る、行う、考える 哲学のはじまり

わが国を代表する世界的哲学者・西田幾多郎は
1870(明治3)年5月19日に石川県かほく市(加賀国河北郡森村)で生まれ、
1945(昭和20)年6月7日鎌倉で75年の生涯を閉じました。
日本最初の本格的な哲学書『善の研究』をはじめとする多くの著作とその生涯は、
今日の哲学的問いと人々の生き方に広く、深い示唆を与え続けてきました。
また、「西田哲学」と称されるその思想は哲学のみならず、さまざまの学問分野に影響を与え、
今世紀に入っても、ヨーロッパ、東アジアなどで翻訳書、研究論文が増加し続けています。

――西田幾多郎記念館によるーー


P1070746.JPG


P1070750.JPG


P1070751.JPG


P1070757.JPG


P1070759.JPG


P1070761.JPG


P1070765.JPG


P1070766.JPG


P1070767.JPG


P1070770.JPG


P1070772.JPG


P1070775.JPG


P1070776.JPG


P1070777.JPG


P1070782.JPG


初めて西田幾多郎先生息吹を感じるこの地に来れて、
感激ひとしおです。
根保先生、生徒・ご父兄の皆様に心からお礼申し上げます。


日本の未来は幼児教育にあり、
この宇野気の地から、西田幾多郎先生に続く人材が
大きく大きく育っていかれますよう、根保先生、お願いいたします。


P1070787.JPG


金沢駅です。
噴水が字を作って迎えてくれているようです。


P1070788.JPG


いつ見ても立派な鼓門。


P1070790.JPG


P1070791.JPG


P1070792.JPG


P1070793.JPG


P1070793.JPG


金沢市が一望に見える丘だそうです。
大阪での地震のため、サンダーバードがストップし、不通の間、
金沢市内に住む大学時代の友達が、わざわざ連れて行ってくれました。
ありがとう、みきこちゃん。
ここは熊も出るようですよ!
でも、ステキな丘でした。また連れてきてね。


P1070794.JPG


P1070795.JPG


P1070796.JPG


2人で「ひゃくまんさん」を見て、
お麩のスイーツをいただき、名残惜しみながら私は京都へ。
みきこちゃんは市内へ。
いつかまた会える日を楽しみにしながら…




共通テーマ:学問

2018-06-30

6月10日、東京セミナーに行ってきました。

雨模様の東京でしたが、夜の東京ドームのネオンがきれいでしたね。
たくさんの若い先生方とご縁をいただき、勉強になりました。
これからもよろしくお願いいたします。


P1070714.JPG

↑こんなステキな先生方と、ご一緒させていただいて、幸せです!


P1070717.JPG



P1070718.JPG



P1070720.JPG



共通テーマ:学問