So-net無料ブログ作成

2019-02-10

1月20日(日)、図形学習指導勉強会の第38講を開催しました。

テーマ「数理色板・積木利用の創造性教育の具体的方法」
知能の中に、空間把握能力とか構成把握能力と言われている分野があります。
とても重要な分野で、この能力に欠けると、全体的にものを見る能力や、
注意力・理解力・図形認知などが不完全になります。
(具体的には、図形問題・文章問題が全然できません。)
基本幾何学図形6種10形は、分数を含む数量と図形の融合学習ができる
総合的な知能を高めるのに役立ちます。

P1080084.JPG

記念すべき、2019年最初の勉強会。
あいにく小雨の降る中での開催となりましたが、

「日本の未来は幼児・小学生教育にあり」

という熱い想いを共有する、たくさんの先生方が集まって下さり、
活気あふれる勉強会となりました。

P1080085.JPG

P1080086.JPG

P1080092.JPG

今回はいつもより歯ごたえのある問題が多く、
歴戦の先生方も悪戦苦闘。
持ってきてくださったお菓子を食べて、
アタマの栄養を補給しながら取り組みました。

おいしいお菓子、ありがとうございました。

“頭を荒らしてはいけない”
冒頭の先生のお言葉、とても印象に残りました。
パターン化を無理にすすめると、頭を荒らしてしまう。
保護者の方にもご紹介したいお言葉です。
後伸び力をつけるためにも、20までの
数の概念を繰り返し体感させたいと思います。
奥村 武敏 先生

P1080087.JPG

今日は色板、つみ木とも、
問題量が多くて消化不良気味でした。
できない問題程、頭を使っているので、
疲れます。しかし、このねばりが、子供たち
にも、必要な気がします。
残った分は、家で復習しておきます。
本日もありがとうございました。
K.J 先生

P1080088.JPG

20までの数概念がいかに大切か、再認識しました。
ごんぼっち 先生

P1080089.JPG

「日本の未来は幼児教育にあり」
幼児教室の覚悟はあるか、を自らに問う
いい機会になりました。塾をやっていて、
中学校から入ってきて、つまずいている子は「小学校
時代しっかりしていなかったから」と小学校にもどり、
小学校の高学年でつまずいている子は低学年にもどり、
そこで教室が未就学児を募集すると教える側も
「もと小さい時からしっかりやっていると」
という逃げ道がなくなります。
真剣に、ただのおマケではなく、教室の
中心として幼児に相対していきたい
と思います。ありがとうございました。
辻川 公二 先生

P1080090.JPG

初めて参加させて頂きました。
図形のパズルをどう数式と結びつけるか・・・
と思っていました。
よくわかりました。
数の概念を教えていくにあたって、活用して
いきたいと思います。
ありがとうございました。
M.T 先生

P1080091.JPG

今日は大変勉強になりました。
ありがとうございました。
先生のお考えとは共感するところが多く、
同じ教育に携わるものとして、これからも
ご指導よろしくお願い致します。
色板の使い方は大まかにはわかりましたが、
教具として実際取り入れて使っていかないと
まだまだわからないことばかりです。
検討してみます。
またわからないところが出てきそうなので
よろしくお願いします。
I.K 先生

P1080093.JPG

図形パズル・積み木にも
論理的思考が必要だということを
改めて実感しました。
先生、今日は難しかったです・・・
要復習です。
生徒と一緒にやりたいと思います!!
宇留島 泉 先生

P1080094.JPG

いつも楽しく参加させて頂いております。
今年もよろしくお願い致します。
「日本の将来は幼児・小学生教育にあり」
正しくその通りですね。
幼児・小学生の教育が大事で
あることは日々感じております。
いつも新しい発見があり
とても楽しいです。
今後共によろしくお願い致します。
シーちゃん 先生

P1080095.JPG

本日は大変お勉強になり
有難うございました。
勉強会に参加させていただき、
たくさんの先生方にもお会いでき、
楽しかったです。
先生のトークも勉強になりました。
又、ぜひ参加したいです。
根笹 未幸 先生

P1080096.JPG

P1080097.JPG

P1080083.JPG

次回39講は、4月14日(日)です。
春風が吹いて、コートを脱いで暖かな日に
皆様にお会いできますことを楽しみにいたしております。
皆様、お誘いあわせの上ぜひご参加ください!