So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

図形学習指導勉強会第35講

7月15日(日)、図形学習指導勉強会35講を開催しました。

祇園祭も暑かったですね。先生方!


P1070829.JPG


P1070804.JPG


お誕生日のお花、ありがとうございます。
今年も私の花が少しずつ咲いてますよ。
皆様のお陰です。ありがとうございます。


P1070808.JPG


数理積木をつかった図形の学習は、手と頭をかなり使いました。
子ども達にとっても、根気が必要で難しいと思いますが、忍耐力や達成感も
味わえる楽しい学習時間になると思いますので、どんどん取り入れていこうと
思いました。
今後もプリント学習だけでなく、具体物をしっかり使っていきたいと思います。
本日もありがとうございました。

O.E 先生


P1070809.JPG


いつもお世話になります。
先日買い物に出かけた際に、孫がお店の方よりも先に
計算をしてびっくりでした。
合成と分解と合成と分解が頭の中でくるくる回っている様でした。
孫の成長!合わせて、先生の授業のすばらしさを痛感致しました。
感謝しております。子供達に少しでも伝えられればと思っております。

宇留島 幸子 先生


P1070810.JPG


・量を理解していないというところにすごく納得しました。
・まずは5の概念から教えられたらと思いました。
・積み木や色板も個人的にとても楽しかったので
 取り入れていきたいです。
・見てわかることだけでなく、想像してわかるように
 なってもらうためにも、量とか質のことは必要だと
 感じました。

Y.M 先生


P1070811.JPG


量が大切ということを色々な角度から
教えていただけました。
また、補数の捉え方は中学生以上の子たちにも
非常に大切だと再認識しました。

中川 重明 先生


P1070812.JPG


“算数以前のさんすう”“順序としての数から数量を表す数”
普段、国語や理科などを指導していても
「そもそもの理解がなされていないのだろう」という私から見た生徒達の実情にあっていて
思わずうなずいてしまうことが多くありました。
裏を返して見れば、そういった根本の原理や原則のことを
指導する側が意識していなくてはいけないと改めて感じました。
貴重なお話をありがとうございました。

岸 智也 先生


P1070813.JPG


中学受験を指導していて、数量の感覚が
育っていない生徒がとても多いです。
手を使って、具体物で数量を身につける。
そのヒントを頂いて、目からウロコが落ちました。
数量を身につける経験の有無が
全てなんだと思いました。
ぜひそんな経験をたくさんさせたいです。
今までで、一番刺激を受けたセミナーです。
ありがとうございました。

池田 慎哉 先生


P1070814.JPG


“学力のベースは低学年までにつくる”
低学年期こそ、時間を味方につけて、
じっくりとベースを作るべきだと思うのですが、
保護者の方はむしろ逆で、なぜそれが必要かを
わかって頂く難しさを日々感じております。

宇留島 泉 先生


P1070815.JPG


今日はありがとうございました。
自分の子育て経験からも、とにかく具体物を使用して
“感”を身につける重要性を感じています。
今後もできればご指導賜りたいです。
数概念の五者関係をしっかり理解して、
子どもに教えていきたいです。

西村 宏美 先生


P1070816.JPG


授業の流れ、ポイント、声のかけ方、営業トークまで
含めて、一通り教えて頂けたので、実際に授業に
取り入れた際のイメージがし易く、大変よかったです。
具体物→抽象化(記号化)、量的感覚の欠如、5進、10進の徹底、
幼児期の学習不足など、どれも強く共感すること
ばかりで、それに対するはっきりとした解決策が
あるので、前回以上に感動しました。
ありがとうございました。

斉藤 紀成 先生


P1070817.JPG


今回は色板と積み木をやりましたが、
色板は以前やったことのある形は速くできる
ような気がしました。丸暗記をしている訳ではない
のでやはり、考える力が伸びたのかなと思います。
私の年齢でも効果があるのだから、小さな子供だと
何十倍も効果があるのでしょうね。
今回やった積木は初めて見る形でしたので、かなり
手こずりました。しかし、必死で考えるので、手こずった
方が、頭の体操になっていると思います。
ありがとうございました。

K.J 先生


P1070818.JPG


数の概念や量をイメージする力は、
低学年だけでなく、
高学年や中高生にもぜひやらせたいと
思いました。
遠回りに見えますが、
ここができていないがために
伸び悩んでいる子は
多数いると思います。

ごんぼっち 先生


P1070819.JPG


小学生を指導していて感じていた疑問。
「数を量としてとらえる感覚」がある子とない子の差はどこからくるのか?
その疑問が今日解消されました。
小学校にあがる前の教育の重要性、痛感しました。

六人部 鉄平 先生


P1070820.JPG


目からウロコの内容が盛りだくさんでした。
自塾に活かしていこうと思います。
まずは教える側の力量を上げていかなければなりませんね。
精進します!

菅野 伸一 先生


P1070824.JPG


懇親会も楽しかったですね!
偶然にも、根保先生のお誕生日も今日。おめでとうございます!
ご縁に心から感謝しております。
ますますお元気で、お過ごしくださいね。
いつもいつもお祈りいたしております。


P1070826.JPG


次回は第36講です。
9月23日(日)開催です。

数学と算数の違い。公式を使って効率的に解答を出す「数学」。
柔軟な思考と発想で答えを出す「算数」。
同じ答えでも、そこに行き着くまでのプロセスがまったく異なります。
幼児・小学生の算数を伸ばせるかは、先生の「算数力」にかかっています。
数学ではなく、算数の先生に求められる教え方とは?
そのノウハウを活かして、塾をいっそう発展させませんか?
お待ちしております。


共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。