So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

2017-03-12

お勉強会で山陰線の八鹿駅まで行ってまいりました。
夏の八鹿市も緑豊かでとても素敵ですが、
冬景色もまた素晴らしいですよ。
雪景色を堪能させていただきました。
今年の夏も行きたいですね。
 
P1070065.JPG
 

P1070066.JPG

 
P1070063.JPG


P1070062.JPG


P1070058.JPG


出石そばの歴史

江戸時代中期の宝永3年(1706年)、
出石藩主松平氏と信州上田藩の仙石氏(仙石政明)がお国替えとなりました。
その際、仙石氏と供に信州から来たそば職人の技法が
在来のそば打ちの技術に加えられ誕生しました。

現在は割り子そばの形態をとっており、
この形式となったのは幕末の頃で、
屋台で出す時に持ち運びが便利な手塩皿(てしょうざら)に
蕎麦を盛って提供したことに始まったと言われています。

その後、出石焼きが始まり白地の小皿に盛る様式が確立されました。
今では、出石は約50軒ものそば屋が並ぶ関西屈指のそば処として知られています。

初めていただきましたが、おいしくておいしくて、
何杯もおかわりをしました。
ごちそうさまです。

P1070057.JPG


P1070055.JPG

東井義雄先生のご自宅に再び行けましたこと、
改めてうれしく思います。
教育者として多くの子供に接し、
「子供から学ぼう、子供の感動に学ぼう」とされました。
先生は背丈ほどの著書をお書きになるだけでなく、
全国から数多い講演活動を続けられ、
深い感動の波紋をえがかれました。
「学習成績はどんな方法をとっても
数字などで換算できるものではない。
今日の青少年たちの荒れは、
この残酷な人間評価に対する
反乱である。」
「繁栄の毒素にやられ、子供のいのちが衰弱している。
教育においては、ものの貧しさよりも
ものの豊かさの方が、おそろしい。」
(東井先生のお言葉)

P1070054.JPG


P1070053.JPG


P1070051.JPG


P1070038.JPG




共通テーマ:学問

2017-03-12

台湾のお土産です。
お土産って、どれもみなおいしいですね。
束の間の旅行気分かな。
ごちそうさまです。
 
P1070036.JPG 



共通テーマ:学問

2017-03-12

伝統的な大谷石かえる5寸サイズ。
無事にカエルなど縁起物として愛され続けています。

■大谷石のかえる伝説
大谷町は昔、荒針町と呼ばれていました。
大谷石のミソが抜けた空洞に蜂が巣を作っていたからです。
大谷に住む人々は蜂の大群に困っていました。
そこに弘法大師が現れて蜂を退治してくれました。
その時に蜂を退治したのがカエルだったのです。(諸説あり)

P1070032.JPG


お土産にいただいたかわいいカエルちゃんです。
何と由緒あるグッズなのですね。
ゆきえちゃんが私をいつも見守ってくれてるかのようです。
あっりがとうございます

共通テーマ:学問

2017-03-12

雪が降りましたね。
家の前で雪だるまを作って
雪だるまさんと一緒にお正月を祝いました。 
 
P1070025.JPG
 
しかし、今年は本当に寒いですね。
でも、あっという間に暑い暑い夏が来るのでしょうね。 


共通テーマ:学問

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。