So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

図形学習指導勉強会第35講

7月15日(日)、図形学習指導勉強会35講を開催しました。

祇園祭も暑かったですね。先生方!


P1070829.JPG


P1070804.JPG


お誕生日のお花、ありがとうございます。
今年も私の花が少しずつ咲いてますよ。
皆様のお陰です。ありがとうございます。


P1070808.JPG


数理積木をつかった図形の学習は、手と頭をかなり使いました。
子ども達にとっても、根気が必要で難しいと思いますが、忍耐力や達成感も
味わえる楽しい学習時間になると思いますので、どんどん取り入れていこうと
思いました。
今後もプリント学習だけでなく、具体物をしっかり使っていきたいと思います。
本日もありがとうございました。

O.E 先生


P1070809.JPG


いつもお世話になります。
先日買い物に出かけた際に、孫がお店の方よりも先に
計算をしてびっくりでした。
合成と分解と合成と分解が頭の中でくるくる回っている様でした。
孫の成長!合わせて、先生の授業のすばらしさを痛感致しました。
感謝しております。子供達に少しでも伝えられればと思っております。

宇留島 幸子 先生


P1070810.JPG


・量を理解していないというところにすごく納得しました。
・まずは5の概念から教えられたらと思いました。
・積み木や色板も個人的にとても楽しかったので
 取り入れていきたいです。
・見てわかることだけでなく、想像してわかるように
 なってもらうためにも、量とか質のことは必要だと
 感じました。

Y.M 先生


P1070811.JPG


量が大切ということを色々な角度から
教えていただけました。
また、補数の捉え方は中学生以上の子たちにも
非常に大切だと再認識しました。

中川 重明 先生


P1070812.JPG


“算数以前のさんすう”“順序としての数から数量を表す数”
普段、国語や理科などを指導していても
「そもそもの理解がなされていないのだろう」という私から見た生徒達の実情にあっていて
思わずうなずいてしまうことが多くありました。
裏を返して見れば、そういった根本の原理や原則のことを
指導する側が意識していなくてはいけないと改めて感じました。
貴重なお話をありがとうございました。

岸 智也 先生


P1070813.JPG


中学受験を指導していて、数量の感覚が
育っていない生徒がとても多いです。
手を使って、具体物で数量を身につける。
そのヒントを頂いて、目からウロコが落ちました。
数量を身につける経験の有無が
全てなんだと思いました。
ぜひそんな経験をたくさんさせたいです。
今までで、一番刺激を受けたセミナーです。
ありがとうございました。

池田 慎哉 先生


P1070814.JPG


“学力のベースは低学年までにつくる”
低学年期こそ、時間を味方につけて、
じっくりとベースを作るべきだと思うのですが、
保護者の方はむしろ逆で、なぜそれが必要かを
わかって頂く難しさを日々感じております。

宇留島 泉 先生


P1070815.JPG


今日はありがとうございました。
自分の子育て経験からも、とにかく具体物を使用して
“感”を身につける重要性を感じています。
今後もできればご指導賜りたいです。
数概念の五者関係をしっかり理解して、
子どもに教えていきたいです。

西村 宏美 先生


P1070816.JPG


授業の流れ、ポイント、声のかけ方、営業トークまで
含めて、一通り教えて頂けたので、実際に授業に
取り入れた際のイメージがし易く、大変よかったです。
具体物→抽象化(記号化)、量的感覚の欠如、5進、10進の徹底、
幼児期の学習不足など、どれも強く共感すること
ばかりで、それに対するはっきりとした解決策が
あるので、前回以上に感動しました。
ありがとうございました。

斉藤 紀成 先生


P1070817.JPG


今回は色板と積み木をやりましたが、
色板は以前やったことのある形は速くできる
ような気がしました。丸暗記をしている訳ではない
のでやはり、考える力が伸びたのかなと思います。
私の年齢でも効果があるのだから、小さな子供だと
何十倍も効果があるのでしょうね。
今回やった積木は初めて見る形でしたので、かなり
手こずりました。しかし、必死で考えるので、手こずった
方が、頭の体操になっていると思います。
ありがとうございました。

K.J 先生


P1070818.JPG


数の概念や量をイメージする力は、
低学年だけでなく、
高学年や中高生にもぜひやらせたいと
思いました。
遠回りに見えますが、
ここができていないがために
伸び悩んでいる子は
多数いると思います。

ごんぼっち 先生


P1070819.JPG


小学生を指導していて感じていた疑問。
「数を量としてとらえる感覚」がある子とない子の差はどこからくるのか?
その疑問が今日解消されました。
小学校にあがる前の教育の重要性、痛感しました。

六人部 鉄平 先生


P1070820.JPG


目からウロコの内容が盛りだくさんでした。
自塾に活かしていこうと思います。
まずは教える側の力量を上げていかなければなりませんね。
精進します!

菅野 伸一 先生


P1070824.JPG


懇親会も楽しかったですね!
偶然にも、根保先生のお誕生日も今日。おめでとうございます!
ご縁に心から感謝しております。
ますますお元気で、お過ごしくださいね。
いつもいつもお祈りいたしております。


P1070826.JPG


次回は第36講です。
9月23日(日)開催です。

数学と算数の違い。公式を使って効率的に解答を出す「数学」。
柔軟な思考と発想で答えを出す「算数」。
同じ答えでも、そこに行き着くまでのプロセスがまったく異なります。
幼児・小学生の算数を伸ばせるかは、先生の「算数力」にかかっています。
数学ではなく、算数の先生に求められる教え方とは?
そのノウハウを活かして、塾をいっそう発展させませんか?
お待ちしております。


共通テーマ:学問

2018-07-28

6月17日、京都。たいへん良いお天気です。

久しぶりの京都タワーです。


P1070735.JPG


京都からサンダーバードに乗って、金沢に参ります。
今回のセミナーは、金沢・かほく市宇野気の本楽寺です。
ここで、進学塾を経営されている、進学塾寺子屋本楽寺さんです。


P1070736.JPG


金沢駅構内のモニュメント。キレイでしたよ!


P10707860.JPG


P10707861.JPG


P1070784.JPG


JR宇野気駅前に世界的哲学者・西田幾多郎先生の銅像が立っています。
その銅像の横の石碑には「郷土が生んだ世界的哲学者」と刻まれています。

「かほく市には西田幾多郎記念哲学館があり、
 宇ノ気小学校には西田先生の胸像がありますが、
 宇野気駅前にも西田先生の銅像があるのを見て、
 いかにこの地において西田先生の存在が大きいかをひしひしと感じました。
 西田先生は哲学では初めて世界に認められた人物だろうと思いますが、
 同じ石川県の人間としてやはり誇りに感じます。」と書いてありました。

私は、福岡県人ですが、誇りに思う福岡県人は
「サザエさん」の長谷川町子さん。
今でもサザエさんのマンガが大好き。
同じ女性として、尊敬しています。


P1070785.JPG


その近くにある「玉寿司」。
以前から根保先生から、おいしい、おいしいとお聞きしていました。
今日、賞味できて感激です。


P1070786.JPG


この方は、この仕事をなさって何十年にもなるそうです。
おまけにハンサムな板長さんでした。
また食べさせてくださいね。お味噌汁もおいしかった!


P1070737.JPG


P1070738.JPG


P1070739.JPG


P1070740.JPG


P1070741.JPG


P1070742.JPG


見る、行う、考える 哲学のはじまり

わが国を代表する世界的哲学者・西田幾多郎は
1870(明治3)年5月19日に石川県かほく市(加賀国河北郡森村)で生まれ、
1945(昭和20)年6月7日鎌倉で75年の生涯を閉じました。
日本最初の本格的な哲学書『善の研究』をはじめとする多くの著作とその生涯は、
今日の哲学的問いと人々の生き方に広く、深い示唆を与え続けてきました。
また、「西田哲学」と称されるその思想は哲学のみならず、さまざまの学問分野に影響を与え、
今世紀に入っても、ヨーロッパ、東アジアなどで翻訳書、研究論文が増加し続けています。

――西田幾多郎記念館によるーー


P1070746.JPG


P1070750.JPG


P1070751.JPG


P1070757.JPG


P1070759.JPG


P1070761.JPG


P1070765.JPG


P1070766.JPG


P1070767.JPG


P1070770.JPG


P1070772.JPG


P1070775.JPG


P1070776.JPG


P1070777.JPG


P1070782.JPG


初めて西田幾多郎先生息吹を感じるこの地に来れて、
感激ひとしおです。
根保先生、生徒・ご父兄の皆様に心からお礼申し上げます。


日本の未来は幼児教育にあり、
この宇野気の地から、西田幾多郎先生に続く人材が
大きく大きく育っていかれますよう、根保先生、お願いいたします。


P1070787.JPG


金沢駅です。
噴水が字を作って迎えてくれているようです。


P1070788.JPG


いつ見ても立派な鼓門。


P1070790.JPG


P1070791.JPG


P1070792.JPG


P1070793.JPG


P1070793.JPG


金沢市が一望に見える丘だそうです。
大阪での地震のため、サンダーバードがストップし、不通の間、
金沢市内に住む大学時代の友達が、わざわざ連れて行ってくれました。
ありがとう、みきこちゃん。
ここは熊も出るようですよ!
でも、ステキな丘でした。また連れてきてね。


P1070794.JPG


P1070795.JPG


P1070796.JPG


2人で「ひゃくまんさん」を見て、
お麩のスイーツをいただき、名残惜しみながら私は京都へ。
みきこちゃんは市内へ。
いつかまた会える日を楽しみにしながら…




共通テーマ:学問

2018-06-30

6月10日、東京セミナーに行ってきました。

雨模様の東京でしたが、夜の東京ドームのネオンがきれいでしたね。
たくさんの若い先生方とご縁をいただき、勉強になりました。
これからもよろしくお願いいたします。


P1070714.JPG

↑こんなステキな先生方と、ご一緒させていただいて、幸せです!


P1070717.JPG



P1070718.JPG



P1070720.JPG



共通テーマ:学問

2018-06-30

お陰様で30周年です。
素敵なお花をありがとうございます。
31年目に向けて頑張りますね!


P1070699.JPG


いつも変わらずお心にかけていただいて、嬉しく思っています。
こんな素敵なお花を30周年のお祝いにいただき、嬉しさでいっぱいです。
クスノキは成長は遅いのですが、大木になる木ですね。
進度は遅くても、着実に身につけていく楠学問を
これからも目指したいと思います。
対照的に、梅は成長が早いけれども、大木にはなりませんね。
今は、呑み込みの早い梅の木学問の方が評価が高そうですが、
クスノキを見るたびに心したいと思います。
ご一緒に成長してまいりましょうね。

P1070704.JPG


道路を歩いていると、頭上をすーっと黒い影が横切った。
すごく鮮やかに飛んでいる、1羽のツバメ。
山科の教室の玄関前には、古いツバメの巣があるが、
今年も立派な巣を作り上げた。
小さな鳴き声が聞こえ始め、五羽のかわいい雛鳥は
日に日に大きくなっていった。
大きな口を開けて、エサをもらう仕草がなんともかわいい。
人間の赤ちゃんといっしょですね。
しばらくツバメたちを見ながらの通勤。
1羽2羽と巣立つ様子が見える。
しかし、何とも危なげない飛び方、見ている私の方がハラハラする。
上手に飛んで、みんなと一緒に南の国にたどりついてほしいと祈る。
見るたびに祈る。
そして、ツバメはすべて巣立っていった。
がんばれという気持ちと、何か寂しい、ほッとした思いが入り混じる。
今年も癒された2カ月余りの日々、ありがとう。
また来年も待ってるよ。楽しみにしています。

P1070705.JPG


水にぬれたアジサイの色は、瑞々しさを増し、
わずかな光にも輝いて見えますね。
このアジサイは、高月観音様のおそばのアジサイです。

P1070707.JPG



P1070730.JPG



P1070722.JPG



P1070723.JPG



P1070724.JPG



P1070725.JPG



P1070727.JPG



P1070731.JPG



P1070732.JPG

中京教室の近くのアジサイのお花。
道のあちこちに、アジサイの花がたくさんあるので、びっくりしました。
今年はアジサイのお花にたくさん会いましたね。
色々な種類のアジサイがとてもきれい。

どのアジサイも素敵。


P1070709.JPG



P1070710.JPG



P1070711.JPG


東京ドーム、後楽園。
今日はセミナーで、東京の水道橋に来ました。
初めてドームを見ました。
休みのせいか、子どもがたくさん歩いていましたね。
野球観戦に来たのかしら?
私はまだ一度も、野球観戦をしたことがありません。
見てみたいですね。生の迫力はすごいでしょうね。



共通テーマ:学問

図形学習指導勉強会・第34講

5月13日(日)、図形学習指導勉強会の第34講を開催しました。

今回は「数だけの算数にサヨウナラ! 色板を使って数理感覚を培う」の4回目です。
直方体の展開図、6以上の数のたし算・ひき算について勉強しました。


P1070694.JPG


お菓子を先生方からたくさんいただきました。
とても美味しいお菓子でした。
ありがとうございました。


P1070687.JPG


①先生の「元気」最高です!
②経験させることの大切さを知りました。
③さまざまなグッズを用いて「視覚的」「感覚的」に
 学ばせることの「おもしろさ」も知りました。
④手を使って「コネコネ」することも楽しかったです!
⑤素敵な「先進的な仲間」と、幼児教育の
 大切さについて感じる空間の提供
 ありがとうございます。
⑥数字を「体積」「立体」でとらえる方法
 さすがです!「1000」が頭に入りました。
⑦名前を加えて授業ももり上げて下さり、感謝です!
辰村 和俊 先生


P1070695.JPG


いつも御指導ありがとうございます。 数理色板による足し算には前からとても興味が
あり、どのように指導するのかワクワクしておりました。
また、減減算も苦手な子もおりますので
とてもわかりやすく指導して下さり、早速教室
で子供達に伝達したいと思います。
直方体の展開も納得できる説明でした。
ありがとうございました。
シーちゃん 先生


P1070688.JPG


第34講座の受講。
数の概念を入れるところからしっかり道具を使ってイメージを
養うことが、あとへの成長につながることがわかりました。
簡単な数だからといって手を抜かないこと、先走りせずに
じっくりと腰をすえて行う教育こそ、後伸びする子どもを
育てる一番大事なところなのですね。きちんと教えて頂き
ありがとうございます。
ブルースカイ 先生


P1070696.JPG


今回も大変勉強になりました。
色板の大きさに数の概念を結びつける考えなど、
今高1生に教えている「ベン図」と重なりました。
AとBの円を足したら、重なり部分がはみ出る...
これを、A∪B=A+B-A∩Bと講式で覚えている子
は、円が3つのベン図になると、お手上げ状態です。
色板で、形が数値になるという考えが
身に付いていれば、もっと理解も
しやすかっただろうな、と思います。
直方体の展開図、さっそく明日、教室で試してみます。
小島 正義 先生


P1070689.JPG


有難うございました。
算数の苦手な小学三年生を指導しており、
彼女に、どのように教えればよいかと悩んでおりました。
先生のお話により、彼女にはやはりレディネス部分が
欠けていることを再認識し、かつ、その補完法を
再確認致しました。感謝いたします。
K.M 先生


P1070697.JPG


今回も数の概念の大切さを深く実感しました。
物をさわったり見たりして実感することが第一だということを
講座を受ける度に、考えさせられ、自分がする授業、ふだんの
生活で果たせているだろうかと振り返っています。
(つい、あせって、数字・プリントに先走っていないかな…?)
先生が使われている教具はいつも新鮮で、子どもから見ても
興味深いだろうナ、分かりやすいだろうナと思います。
自分の授業で先生から教わったこと、いただいたものをその都度
生かしていきたいと思います。ありがとうございました。
Y.K 先生


P1070691.JPG


色板を用いて、数を量として考える方法を初めて
知り、とても新鮮でした。また、大きな数の暗算で、
先生が立方体を出して下さった時に、量の把握が
とても認識しやすくなり、驚きました。
素晴らしいご講義をありがとうございました。
K.K 先生


P1070698.JPG


数概念を低学年の子たちに理解してもらうには、
時間がかかったり、教具も多数使わないといけないこともあったり、
その子その子に合わせた内容が必要になることを、日々感じながら
授業をしています。一朝一夕にならないことが多く、戸惑うことも
あるのですが、諌山先生に教えていただいたことを一つずつ伝えられる
ように、私なりに工夫していきたいと思います。
本日もありがとうございました。
O.E 先生


P1070692.JPG


色板の基本確認でも、毎回毎回やるごとに
日々の指導での足りていないところに気付かされます。
立体の把握で、実際に箱を展開させるというのも、最近は小学校が
カリキュラム消化に忙しく、着手できているところとそうでないところが
まちまちです。具体的な経験がないのにプリント演習をさせてしまっては、
テストの点数・合否でしか学習の動機づけができない
歪んだ生徒に育ててしまうと思いました。
ごんぼっち 先生


P1070690.JPG


今日は補数の大切さを学びました。
大人は、これぐらいわかるだろうと思っていても
子供たちにとっては、よくわからないということがわかりました。
わかる子供でも、速く反応できないと、実際の計算の時
出遅れることも、わかります。
次に実物を使うことが、理解を高めることに大切だという
ことも、よくわかりました。
小学生や、中学生でも、実物を使っていこうと思いました。
本日はありがとうございました。
K.J 先生


P1070693.JPG



次回は7月15日(日)、「色板を使って数理感覚を培う」の5回目です。
先生方のご参加を心よりお待ち申し上げております。





共通テーマ:学問

図形学習指導勉強会・33講

3月18日(日)、図形学習指導勉強会の第33講を開催しました。

今回は「基礎4片・8片を使用して数理感覚・数感覚を伸ばす
レッスンの仕方(3回目)」です。

機械的に計算するだけで、数には「量」があるという
いちばん大切なことが抜けています。
量的な感覚がわからないと意味がありません。
しかし、今は幼稚園の頃から数字だけで終わってしまって
いることが多いようです。
数には「量」というものがあることを身につけていないと、
応用問題になるとお手上げになってしまいます。
この部分を、幼児・低学年期をお持ちの先生方に
ぜひともわかっていただきたいと思います。


P1070662.JPG


今まで見たことのない手作り教材と指導法に感動しました。
うちの教室は小学生からですが、小学生にもさせてあげたい
です。
また、幼児教室の可能性も感じました。

井野 勝利 先生



算数、数学の基礎として、具体物を用いて
真の理解を図っていくことの大切さを改めて、
感じることができました。本当に様々なことを
学ばせて頂き、誠にありがとうございました。
少しでも子どもだちの将来に役立つような
教材づくりの参考にさせて頂きます。
今後共、何卒宜しくお願い申し上げます。

高橋 昌宏 先生



塊で数を理解するツールとしての色板は
面白いアプローチだと感じました。
問題を解く時間を短縮して、セミナー時間
を少し短くして頂けると今後者参加しやすく
助かります。

K.K 先生


P1070660.JPG


立方体の展開図のように、

具体物を用いて手で実感する

性質をマスターするまで深める

その上でスピード

このプロセスが飛んで教わったがために、
算数も国語もボロボロになっている子が
たくさんいることを指導者が
認識しなければいけないと思います。

ごんぼっち 先生



色板、積木以外に今日は立方体の展開図をやりました。
展開図は今回初めてやったので、とても新鮮でした。
頭の中で面や辺を回転させる練習は、とてもしんどい
ですが、慣れてくると少しずつできるようになるものですね。
毎週1回でも続けていると、もっと楽にできるようになって
いくような気がします。
特に、小さな子供なら、頭がやわらかいので、もっと
もっと早くマスターできると思います。
とても、おもしろいトレーニングでした。
ありがとうございました。

K.J 先生



幼児の時期は、急がず、丁寧に数の概念を入れていくことを
心がけていきたいと改めて思いました。
展開図も、自分たちの手で書かせる、作らせることが大切である
ことを知ったので、明日より取り入れさせていただきます。
毎回、新しい発見をさせていただき、本当にありがとう
ございました。

O.E 先生


P1070661.JPG


今日も新しい発見がたくさんあり、感動でした。
特に色板でのたし算は、前から教えて
頂きたいと思っておりましたので、実際に指導
して頂き、しっかり理解できました。
ありがとうございます。
また正六面体の展開図はいつも子供達がつまづくところなので
たくさんのヒントを頂き感謝しております。
ありがとうございました。

シーちゃん 先生



諫山先生、いつもありがとうございます。
本日も大変勉強になりました。
特に色板を使った「数を量で表す」手法は、改めて
勉強になりました。
4月からの幼児クラスに使えそうな事が、たくさん学べました。
次回以降もよろしくお願いします。

萬成 利貴 先生


次回34講は、5月13日(日)です。
また皆様とお会いできますことを楽しみにいたしております。
ありがとうございます。


共通テーマ:学問

図形学習指導勉強会・32講

1月21日(日)、図形学習指導勉強会の第32講を開催しました。

2018年最初の勉強会、
今回は「基礎4片・8片を使用して数理感覚・数感覚を伸ばす
レッスンの仕方(2回目)」です。


P1070616.JPG


うちの塾の小学部は、主に中学受験
を希望する子たちを集めています。
図形の問題で補助線が必要な問題も
多く、どのようにしてその線をひらめかせるのか
いつも苦労していました。そして最終的には
「暗記して」となります。しかし、本日の色板
を使えば、補助線さがしのトレーニングになるのでは
と思いました。ぜひ自塾にも導入したいです。

小島 正義 先生


P1070612.JPG


算数数学について教育するうえで、
立体図形を平面に書き、
下から見た図がわかる?などと質問をすると、
中学生でもわからない子が
いるので、なぜわからないのだろうと、今まで
不思議に感じておりましたが、そのなぞが
解けました。ありがとうございます。
ぼく自身、小さな頃にあまり図形とふれて
こなかったため、本日の図形作成も少し
手まどってしまいました。この教材は
大人でも成長できるので、とてもいいもの
だと実感いたしました。
なので、今の算数・数学が苦手な中学生
にもやってもらいたいと感じました。
楽しく学べるというのはとてもいいこと
だと感じました。

原田 捷利 先生


P1070612.JPG


基本6種10形の色板パズルは何回も
やっているのに、久しぶりにやると難しいものです。
しかし、覚えている状態でスラスラやるより、
忘れた状態で改めて考える方が脳トレに
なっているような気がします。
一度、過去にやっていると、それが頭のどこかに
記憶されていて、初めてやるより速くできる
ような気もします。
新しい発見も、いきなりアイデアがわくのではなく
このように、何回も何回も忘れては、再挑戦する
中で出てくるのですね。
本日もありがとうございました。

K.J 先生


P1070613.JPG


いつも御指導ありがとうございます。
今日は前回の勉強会の質問をしようと
思って参加致しました。ラッキーなことに、
今日の学習は前回の勉強会をふまえての
内容でしたので、質問がすべて解消
できました。とてもすっきりしました。
ありがとうございます。

シーちゃん 先生


P1070619.JPG



共通テーマ:学問

あけましておめでとうございます。

初春のお慶びを申し上げます。

三十年のあの頃をありがとうございます。
皆様の想い出を紡いだら私の人生になりました。

稽古照今
三十年を温ねこれからも
幼児・低学年からの根っこを伸ばす学びを続けてまいります。
お導きの程、よろしくお願い申し上げます。

明日をも知り得ぬ人間であることを知って、
今年も本当の生き方に近づきたい一年間にしたいものです。

S22C-618012021190_0001.jpg

咲夢来(サムライ)
夢咲いて来る。
夢咲かせに来る人がいる。
神謝の出愛に咲夢来があなたに会いに来る。


西口先生、沖縄で人生を楽しんでいます、とのこと。
これからも、すてきなステキな素敵な言葉を紡いでくださいね。
私も、31周年を目指してがんばります。
沖縄に行きますよ。
どうぞ素敵な本年をお過ごしくださいませ。



共通テーマ:学問

2017-12-23

P1070548.JPG


今井 眞正先生の作品です。「戌」

来年は戌年。
今年も、おひとりおひとりのあなたに、
支えられて年末を迎えることができました。
衷心から感謝申し上げます。
犬のように愛されるたけのこ会でありたいと思います。
来年、お目にかかれますことを楽しみにいたしております。

どうぞ、素敵な良いお年をお迎えくださいますように。


P1070549.JPG


これもお手製の犬ちゃんの額です。
早く来い来いお正月。


P1070552.JPG


手作りのクリスマスデコレーション。
素敵でしょ?
このグッズのように、新しい教室も素敵にしていきたいですね。
ありがとうございます。


P1070553.JPG


戌年のお箸。お手製ですよ。
来年がもうそこまで来ていますね。
ありがとうございます。


P1070550.JPG


クリスマスにいただいたお花。
新しい教室がとても喜んでいるようです。
ありがとうございます。


P1070551.JPG


中京教室で初めて迎えたクリスマス。
素敵なツリーをいただき、感謝感激です。



共通テーマ:学問

2017-12-23

P1070535.JPG


P1070536.JPG


山科名物、赤穂浪士の討ち入り。
その時代の衣装が、リアリティがありますね。


P1070537.JPG


お見事なゆずをありがとうございます。
来年もまたまた、いい事が待っているかな?


P1070538.JPG


青森のりんごちゃん。
おいしいよ。食べてみてびっくり。
ごちそうさまです。ありがとうございます。


共通テーマ:学問
前の10件 | -