So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

2017-06-24

5月7日(日)、図形学習指導勉強会第28講を開催いたしました。


P1070230.JPG


P1070231.JPG


時計を学ぶ中にも、図形(円・半円)を使えば、理解しやすいことを学びました。
ただただ計算するより、はるかに早く計算できることを実感しました。
時間の基礎は理解できていると思っていても、
文章題に入ると急にミスが多くなる生徒がいます。
「なんでだろう」と思いながら、プリントで復習や演習をさせていました。
今日、具体物(模型)をさわりながら、
言語化をあまりさせていなかったことに気づきました。
もっともっと生徒たちと、プリントだけではなく、言葉を交わしながら、
関わりを持っていこうと思います。
本日もたくさんの知識をいただき、ありがとうございました。

O.E 先生


P1070232.JPG


P1070233.JPG


今日もありがとうございました。
本当の意味で「力をつける」と言うのには「時間を味方につけて」
と先生がいつもおっしゃっている事、改めて実感いたしました。
時計の学習においても、気が遠くなるような時間が必要です。
幼児期に基礎・基本の入っているいないは
大きくのちの学習に影響を与え、大きく差が出ることが
本当によくわかります。
今後も先生のご講義楽しみにしております。

宇留島 幸子 先生


P1070234.JPG


P1070235.JPG


時計の単元を指導する際に、
時計が読めない子に大変苦労します。
"日常生活の中で時間の観念を取り込むこと。"

数の概念をしっかり入れる事と同様、
時計もじっくりと時間をかけて
丁寧な指導が必要であることがよくわかりました。

宇留島 泉 先生


P1070236.JPG


P1070237.JPG


「考える源は知識だけではない」
知識に感情や具体物が伴っていない「いびつな賢い子」というのは、
「どのようにして知性を身につけてきたのか」に無自覚な大人、
子どもと真剣に向き合うことをせずにきた大人から生まれるのだと
算数という具体的な場所を用いて毎回思い知ります。
自分がそのような指導者にならないように、いつも反省させられます。
ごんぼっち 先生


P1070238.JPG


P1070239.JPG


第28講を受講させていただきました。
色板で多数の六角形を作りました。
難しいように思えましたが、あくまで6種の多角形を使う
基本が大切であることを学びました。
難しさの中にも楽しさがあり、時間もあっという間に過ぎ去りました。
時間の勉強では、時間の経過の概念を形成する
細かい手立てが工夫されており、
諌山先生のきめ細やかで丁寧なご指導の一面がうかがえました。
ありがとうございました。

M.H 先生


P1070240.JPG


P1070241.JPG


色板パズルは今まで何回もやっていますが、
今回の課題は、結構難しいものでした。
しかし、色板の面積を1~6までに分類して計算しながらやると
だんだん速くできるようになりました。
図形の形と大きさのイメージの両方が
大切なことがわかりました。
そして、慣れてきて速くできると楽しいものですね。
子供達も、この楽しい感じがわかると、勉強も苦痛ではなく、
面白いと思うようになるのでしょうね。
2番目の時計の課題は、ただ数字の計算ではなく、
アナログの時計(円形の文字板)を、図形のように考える能力が
大切なことがわかりました。
大人にとって、あたり前なことが、子供にとっては難しいものですが、
今回のように、順序だって教えてあげると
だんだんわかってくるような気になりました。
本日もありがとうございました。

K.J 先生


P1070242.JPG




共通テーマ:学問

2017-06-24

5月5日(金)、東京で初級セミナーを開催いたしました。


P1070211.JPG


P1070213.JPG


P1070215.JPG


P1070217.JPG


ただただ感謝しております。
図形を楽しいと思えることがとてもありがたかったです。
幼児期である私の教室の子どもたちにこそ
たくさんの時間を与えてとりくませたいです。
本日は誠にありがとうございました。

ちきゅうまる 神山 眞 先生


P1070218.JPG


P1070219.JPG


P1070220.JPG


P1070221.JPG


楽しく取り組むことができました。
何度でも飽きることなく取り組める教材・テーマです。
何度も実際に手を動かしていくことで、
図形の特徴を徐々に実感できると感じました。
後々の、面積を求める問題にも、ダイレクトに活きてくるものです。
また、言語によって図形の操作を理解すること、
また、実際に発表させることで、表現力についても鍛えられると感じました。

藤田 和彦 先生


P1070222.JPG


P1070223.JPG


P1070224.JPG


P1070225.JPG


販売に携わりながら、今までしっかりと
パズル・積木について学ぶ機会がありませんでした。
今日は指先をたくさん動かし、大変勉強になりました。
手首をかえす大切さ、身にしみました。
今後の仕事にぜひ生かしていきたいと思います。
大変奥が深く、もっと学びたいです。

E.K 先生


P1070226.JPG


P1070227.JPG






共通テーマ:学問

2017-06-10

4月30日(日)、京都で初級セミナーを開催いたしました。

ご遠方より九州から吉備路からお越しいただき、ありがとうございます。

久しぶりの九州弁うれしかったです。


P1070186.JPG


算数が得意になるためには、持久力が必要です。
とはいえ、算数が苦手な子供にいきなり算数の問題をさせて
すぐに解けるでしょうか。
そこで、数理色板・積木の問題に取り組むことで
解くことの楽しさや、答えが出た時の達成感を
味わってもらおうと、本当の学力がつく教育工学の先駆者であられる
小林茂広理学博士ご考案の初級コース・上級コースです。


P1070187.JPG


数理色板・積木を解くことで、算数が得意になるの?
と疑問に感じるかもしれませんが、
共通点があります。
数理色板・積木を解くことで、算数に必要な力を磨くことができるのです。
数理色板・積木は、算数の問題と違い、積み重ねの知識を必要としません。
好きな問題からチャレンジすることができます。
あきらめないで、考え抜くということがどういうことなのかを
体感してもらいたいと思っています。
これまで避けていた算数の問題にも挑戦しようとする気持ちが生まれます。


P1070188.JPG


17061002.gif


P1070189.JPG


17061001.gif


P1070192.JPG


本日は、急きょ申し込みをしたのにもかかわらず、
こころよく対応して下さり、ありがとうございました。
初めて積木・色板の研修を受けさせていただきましたが、
目からウロコな事ばかりで、自分も小さいときにこんなものがあったら
算数をもっと楽しく学べたんじゃないかな?と思いました。
諌山先生の人柄もとても感動しました。
結果ばかり求めている私自身いろいろなことに気づかされました。
今回は本当にありがとうございました。
そして、これからも諌山先生に色々なことを教えていただきたいです。

M.M 先生


P1070191.JPG


何百枚ものプリントがありましたが、
1枚のプリントでも、形・数(合成分解)など、言葉次第で
色々勉強できるのだと知りました。
諌山先生の言葉かけを聞きながら、子供への伝え方が
大変参考になりました。
自分が日ごろ感じていることを、諌山先生が言語化してくださるので、
共感してもらえて安心することや、対処の仕方も知ることができ、
よかったです。
教材を子どもが楽しめるように、非常に工夫もされていたので、
自塾でもアレンジしていきたいです。
子供の立場で自分でもしっかりやって子供に伝えていきたいです。
とても勉強になりました。ありがとうございました。
上級コースを楽しみにしています。

Y.K 先生


P1070193.JPG


色板や積木、一枚のプリントの中で色板・積木を置くだけでなく、
辺を書かせる・数を書かせる・計算(合成・分解)をさせる…など、
たくさんのことを学ばさせられることを知り、驚きました。
たった一つの教材から、より深く図形と数の概念を教えこんでいく指導方法は、
他にはないものだと、今日もまた改めて実感しました。
セミナーに参加するたびに、新しい発見をさせていただき、
ありがとうございます。
今日、私が感じた達成感を、子供達にも味わわせてあげられるよう、
今後もしっかり勉強していきたいと思います。
今後とも御指導のほどよろしくお願いいたします。
O.E 先生


P1070190.JPG






共通テーマ:学問

2017-04-15

3月12日(日)、図形指導勉強会・第27講を開催しました。
 
p無題.jpg
 
子どもが日常生活で様々なかさの容器に手で触れることが大変重要です。
単位換算の暗記だけではお手上げです。
軽量カップを使い容量を認識させ「かさの感覚」を養うことが大切です。
量感・かさの概念が認識されるとスム-ズにかさの問題も
簡単なものから高度なものまで確実にマスターできていきます。 
 
無p題.jpg
 
 
無題p.jpg 
 
数理色板の扇型でない色板13個を使用して、
三角形から八角形まで合計665種類の凸多角形が得られます。
そのうち三角形は大中小の数理色板(大きさ1、2、4)の他に
8、9、16、28、25、32、36の大きさのものがあります。作ってみましょう。
 
無題.jpg
 
 
この度、初めて諌山先生の図形勉強会に参加させて頂きました。
私自身、幼児・低学年対象のクラスを持たせて頂いてまだ1年程で、
関わったお子さんの数も図形教材を使っての指導経験もほとんどなく、
子供たちに慣れるのに精一杯な状況です。
手元にはあるものの使ったことのない、使いこなせない教材ばかりで、
塾内で他の講師と相談・議論する機会もほぼなく、手探りの授業をしております。
今までは、数の概念、数を量として捉えることの大切さを意識し、
ドット棒やヌマーカステンなどを使って指導してきましたが、
積み木、パズルは、またそれらでは表せないことを伝え、
別の能力を伸ばすのに役立つと感じました。
指先を使って試行錯誤しながら“組み込み”“長さを合わせる”こと。
偶然の力も借りての発見をくり返すことで、自分なりに、
偶然ではない一つ一つの図形に関するルールを見つけていくと
いうことでしょうか。
偶然性が手伝う・パターンが1つではないということ。
一度ばらすとわからなくなること等により、
ドット棒で教える100・200…のような
「何かについてわかる!」感じはスピーディではないかもしれませんが、
繰り返し楽しむうちに定着するもの
(図形の組み合わせに関する・一つ一つの図形の特徴に関する発見)は
他では伸ばすことができない能力だと思います。
恥ずかしながら、私自身が定着し得るその「発見」をもう少し具体的に知る為に、
これから図形を使ってもっと学習し感じてみるべきだと大いに感じました。
又、最近落ちているといわれる、“視機能”についてのお話が興味深く、
視野・視力だけではないという“視機能”についてどういったものなのか、
もう少し詳しく知りたいと感じました。
先日やった文字さがしや他の作業能力とのつながりなど、
分析・分類し考えてみたいと思います。
新参者で皆様の勉強の水をさすことばかりでしたが、
私には本当に貴重な内容の一日でした。
ご親切にして頂き有難うございました!
S.S先生 
 
P1070160.JPG
 
 
今日一番難しかったものは、色板を使った、三角形を作るパズルです。
徐々に面積が大きくなる掃除の三角形に、色板をあわせるのですが、
三角形の外周がたった1~2mmの違いのものが多くあります。
最初は適当に試行錯誤しながらやっていましたが、
だんだん直感が働きだし、知らないうちにピタッとはまるようになりました。
その瞬間がとても気持ち良いですね。
子供たちも、きっと同じ感覚を覚えると思います。
また「かさ」の勉強では、実物大の入れ物を用意することが大切だと教わりました。
小学5、6年で、L、mL、dL、cm3などの換算の問題がありますが、
ついつい紙の上だけで教えてしまいます。
このような実物大の入れ物を使う方が、子供たちにとって
はるかによくわかると思いました。
本日はありがとうございました。 
K.J先生
 
P1070159.JPG
 
 
「かさの感覚」の概念を指導するのは非常に難しいと感じており、
それでも自己流で何とかやってきていましたが、
今回の勉強会で視ることの大切さを知り、
量の概念は徹底して見せることが重要だと気づかされました。
また、身の回りの様々な物から指導に使えそうなものを
発見されていらっしゃることを知り、やはり常にアンテナを
張って日ごろから意識することは必要だと改めて感じました。
講師たちも益々指導にやる気になっているようです。
今後ともよろしくお願い致します。
K.T先生 
 
P1070158.JPG
 
 
2回目の受講も楽しみに参加しました。
幼児・低学年担当なので、小さい子どもの立場(気持ち)になって
毎回受けています。
どうしたら楽しくわかりやすく、そして力が身につくのか…。
今まで感覚的にしかしていなかったパズルに、
こんな考え方や面白さがあるのだな、もっと活用できるようになりたい
と思っています。
4月末に初級講座を受けさせていただけることになり、
楽しみにしています。
それまでは、まだ2回の受講ですが、教わったことを子どもたちに
試行錯誤しながら伝えていってみます。
かおり 先生
 
P1070157.JPG
 
 
「かさ」を学習する際、計量カップや水を使いながら指導することは
ありましたが、ドット棒と計量カップを一緒に使いながら学習させることは
ありませんでした。
「こんなふうにもドット棒が使えるんだ!!」と驚きました。
時間をかけて丁寧に概念を教えてあげれば、その時に時間も手もかかるかも
しれませんが、単位の変換や文章題を解くときには、理解が深まっているの
だろうと感じました。
そして、娘の為に買った風邪薬についてある計量カップは、これからは捨てずに
塾で活用していきます。
次回も諌山先生からたくさんのことを学びたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。
O.E先生 
 
P1070156.JPG
 
 
第27講を受講させていただきました。
数の概念を、数理色板や積木などの具体物を通して
学ぶと、その具体物が、今回は1mLや1dLや1Lマス
になりました。数と具体物の結びつきがよくわかり、目で見て、
手で触れることで、鮮明になります。いつもながら、諌山先生の
教具を集める情熱に感動を覚えます。感動は大人にも
よい学びになります。ありがとうございました。
M.H先生 
 
P1070159.JPG
 
 
子供の見取り方についてのお話は大変興味深かったです。
自分の子供にも当てはまる事(落ちつきがない、集中力がない)があります。
表面的な事で判断するのではなく、そのサインから、何が原因なのかを
見極めないと、根本的な改善がなされない
我が子の子育て、生徒、子供との接し方、すべてに共通する事であり、
私自身の勉強になりました。
「かさの」の単元では、子どもたちに体感させる事。
子供たちにとってかさは暗記であり、1L=10dLまでは理解できても
1dL=100mLを理解し、それをいつでも引き出せ、使いこなすことが
できるのは、プリント学習だけではごくわずかなのが現実です。
(1dL=10mLという子が実に多いのです)
先生の講義のあと、さっそくL、dL、mLマスを購入しました。
子供達が体感して、かさを理解できるように指導していきたいと思います。
宇留島 泉 先生
 
P1070154.JPG
 
 
いつも御指導いただきありがとうございます。
大知の劇的な変化を目の当たりにし、先生のお力の
すばらしさを感じております。
単位の換算は、毎回子どもたちを指導するのに苦慮して
おり、苦手な子供は結局暗記で終わってしまい、
すぐ忘れ→覚え→また忘れ の繰り返しで
意味のない授業だなあ と思いつつ他の手立てもなく。
先生の授業を拝見し、講義を受けて、私達の指導している
子供達がどこでつまり、どうしてこの結果になったのか
よくわかります。
今後、親にどの様に伝えていくか。私の課題です。
今後ともよろしく御指導下さいませ。
宇留島 幸子 先生
 
P1070153.JPG
 
 
パズルが算数の力を向上させるのによい、とは方々で言われて
いますが、その理論的な背景と、実際の算数との距離、
双方を持っている指導法はなかなかないと思います。
参加するたびに奥深さへの気付きが得られる勉強会です。
根保 博仁 先生
 
P1070152.JPG
 
 


共通テーマ:学問

2017-03-12

お勉強会で山陰線の八鹿駅まで行ってまいりました。
夏の八鹿市も緑豊かでとても素敵ですが、
冬景色もまた素晴らしいですよ。
雪景色を堪能させていただきました。
今年の夏も行きたいですね。
 
P1070065.JPG
 

P1070066.JPG

 
P1070063.JPG


P1070062.JPG


P1070058.JPG


出石そばの歴史

江戸時代中期の宝永3年(1706年)、
出石藩主松平氏と信州上田藩の仙石氏(仙石政明)がお国替えとなりました。
その際、仙石氏と供に信州から来たそば職人の技法が
在来のそば打ちの技術に加えられ誕生しました。

現在は割り子そばの形態をとっており、
この形式となったのは幕末の頃で、
屋台で出す時に持ち運びが便利な手塩皿(てしょうざら)に
蕎麦を盛って提供したことに始まったと言われています。

その後、出石焼きが始まり白地の小皿に盛る様式が確立されました。
今では、出石は約50軒ものそば屋が並ぶ関西屈指のそば処として知られています。

初めていただきましたが、おいしくておいしくて、
何杯もおかわりをしました。
ごちそうさまです。

P1070057.JPG


P1070055.JPG

東井義雄先生のご自宅に再び行けましたこと、
改めてうれしく思います。
教育者として多くの子供に接し、
「子供から学ぼう、子供の感動に学ぼう」とされました。
先生は背丈ほどの著書をお書きになるだけでなく、
全国から数多い講演活動を続けられ、
深い感動の波紋をえがかれました。
「学習成績はどんな方法をとっても
数字などで換算できるものではない。
今日の青少年たちの荒れは、
この残酷な人間評価に対する
反乱である。」
「繁栄の毒素にやられ、子供のいのちが衰弱している。
教育においては、ものの貧しさよりも
ものの豊かさの方が、おそろしい。」
(東井先生のお言葉)

P1070054.JPG


P1070053.JPG


P1070051.JPG


P1070038.JPG




共通テーマ:学問

2017-03-12

台湾のお土産です。
お土産って、どれもみなおいしいですね。
束の間の旅行気分かな。
ごちそうさまです。
 
P1070036.JPG 



共通テーマ:学問

2017-03-12

伝統的な大谷石かえる5寸サイズ。
無事にカエルなど縁起物として愛され続けています。

■大谷石のかえる伝説
大谷町は昔、荒針町と呼ばれていました。
大谷石のミソが抜けた空洞に蜂が巣を作っていたからです。
大谷に住む人々は蜂の大群に困っていました。
そこに弘法大師が現れて蜂を退治してくれました。
その時に蜂を退治したのがカエルだったのです。(諸説あり)

P1070032.JPG


お土産にいただいたかわいいカエルちゃんです。
何と由緒あるグッズなのですね。
ゆきえちゃんが私をいつも見守ってくれてるかのようです。
あっりがとうございます

共通テーマ:学問

2017-03-12

雪が降りましたね。
家の前で雪だるまを作って
雪だるまさんと一緒にお正月を祝いました。 
 
P1070025.JPG
 
しかし、今年は本当に寒いですね。
でも、あっという間に暑い暑い夏が来るのでしょうね。 


共通テーマ:学問

2017-02-04

2017年1月15日(日)
数年に一度の寒波で、ここ京都も一面の雪景色です。
このような天候の中、図形学習指導会・第26講を開催いたしました。
 
P1070011.JPG
 
 
雪の中集まってくださった先生方、ありがとうございます。 
 
 
P1070017.JPG
 
 
 
P1070024.JPG
 
 
数と図形の融合学習の
すばらしさは、具体物を使いながら、
手と頭を使うことにあるといつも実感します。
子供達の理解の深さが違います。
わり算で行きづまる子を多く見ますが、
この学習方法であれば子供たちは
迷わず、理解できると思います!!
先生、今後とも宜しくお願いいたします! 
宇留島 泉 先生 
 
 
P1070013.JPG
 
 
久しぶりに色板をやりましたが、今日も時間がかかりました。
速くやるにはやはり練習が必要ですね。
今日のセミナーの中で一番難しかったのは、積木を
2階立て、3階立て、…に積むものでした。
こちらも、とても頭を使うものですね。
できる、できないよりも、指を使って頭を使うことが、
とても脳トレに良い気がします。
割り算の指導法については、いきなり九九ではなく、
足し算や補数で考えさせることが大切だとわかりました。
本日もありがとうございました。 
K.J 先生 
 
 
P1070014.JPG
 
 
今、教室でわり算につまづいている子がおり、
どのように指導したら理解してもらえるかなと
思っておりました。
今日の学習会に参加させて頂き、意味を
理解できていなかったことに気付きさせて
頂きました。ありがとうございます。
シーちゃん 先生 
 
 
P1070015.JPG
 
 
学校で手抜き方法を習う前に、
概念をしっかり入れておくことがいかに大切か、
年々実感します。
ごんぼっち 先生 
 
 
P1070016.JPG
 
 
初めて参加させていただきありがとうございました。
個人的には「数理つみき」がバチッと組み合わさった時が
気持ちよかったです。量で考えることの大切さがとてもよく
実感できました。
S.H 先生 
 
 
P1070018.JPG
 
 
算数・数学は“しくみ・概念”を理解することから、まさにその通りだと
思います。指導していて、子どもがどうしても理解できないのはなぜ
だろうと思うときがあります。今日のセミナーで、その原因が分かりました。
今後ともご指導お願い致します。
K.T 先生 
 
 
P1070020.JPG
 
 
数の概念や補数などを、今まで以上に詳しく、しつこく話をしていかなければ
いけないと感じました。
割り算でも、たしかめ算までは全ての子にさせてはいなかったので、明日から、
必ずしていくよう、定着させていこうと思います。
とても大切なことを教えていただきありがとうございました。
次回も、皆様と一緒に勉強できることを楽しみにしております。
O.E 先生 
 
 
P1070021.JPG
 
 
子どもの立場になって勉強し、どんなところが大切か、初心に
戻って考えることができました。
以前や今、使っていた教材が算数の基盤になっていて、
そこをもっと重点をおいて指導していかなければ
ならないことを知ることができ、早速、幼児さんや低学年の
子どもたちに伝えていきたいと思います。教材も見直して
いきたいと思います。
頭では“なるほど!”と思いつつ、いざ説明するとなると……。
諌山先生のように楽しくできるのはやっぱり、トレーニングが
何度も必要ですね。がんばりたいと思います。
かおり 先生 
 
 
P1070022.JPG
 
 
今日もお授業ありがとうございました。
毎回「ふ~ん… へぇ~…」の連続です。
参加されている先生方のお話もすごく参考になり、
新たな刺激になります。
わり算も、数・量がやはり基本!ということがよくわかりました。
毎回先生もお話しされているように、私達も、子供達に
単位換算を指導するために四苦八苦しています。
またお時間ありましたら御指導ください。
宇留島 幸子 先生 
 
 
P1070023.JPG
 
 
次回(第27講)は3月12日(日)、
テーマは、「かさの感覚」の概念育成方法 です。
量感・かさの概念が認識されると、かさの問題も
簡単なものから高度なものまで確実にマスターできていきます。
そのためには、子どもが日常生活で様々なかさの容器に
手で触れることが大変重要です。
 
詳しくはこちらをご覧ください。 


共通テーマ:学問

2017-01-07

思いがけず今年の福矢が送られてきました。
いつも私のことを思ってくださっていて・・・
涙がこぼれました。
ありがとうございます。
応援してくださっているあなたのことを
いつも胸に秘めて今年も生きていきます。
本当にありがとうございます。
あなたも良き本年をお過ごしくださいね。
お祈りいたしております。
 
P1070007.JPG
 
素敵でしょう!!
今井眞正先生から頂戴いたしました。
先生のさらなるご活躍をご祈念申し上げます。 
 
 
P1070004.JPG
 

こんな素敵な初春のプレゼントをありがとうございます。
生徒の皆さんが、きれいね綺麗ねと言ってくださいます。
いつもお心にかけていただいて、感謝してます。
この花のように今年は何が咲くかな・・・  

P1060994.JPG

 
見事な箸袋でしょう。このお箸でおせち料理をたんといただきました。
一段と美味しかったですよ。ありがとうございます。
 
P1060996.JPG
 
 
手作りの和紙の今年の縁起物です。
時間がかかったことでしょうね。
ありがとうございます。
酉年の今年を見守っていてくださいね。 

P1060995.JPG
 
 


 
 
初春の喜びを申し上げます。
近くの氏神様です。
今年も生徒さんたちの健やかな成長を願って、
そして私も自分自身を磨いていくことを誓ってまいります。
 
P1070003.JPG
 
 
P1070001.JPG
 
 
今咲くぞ咲くぞと言っているような感じがします。
春が待たれますね。 
 
P1070002.JPG
 

この桜の木が見事なピンク色に染まります。
早く会いたいものですね。 
 
P1060999.JPG
 
今年は酉年、一日一日羽ばたいていきたいと思います。
 
P1060998.JPG
 
真澄ちゃん、ありがとうございます。
真澄ちゃんが高校生のころからたけのこ会の教材の絵を描いてくださって・・・
またこんな素敵なポスターができました。
本当にありがとう。
私もこのポスターの言葉のように、しっかりがんばりますね。
 
P1070005.JPG
 
 
P1070006.JPG
 
 
 
 


共通テーマ:学問
前の10件 | -